ビタミンサプリメントとは?

ビタミンは全部で13種類あります。
これらは体内で作り出すことのできない栄養素で、大きく分けて脂溶性と水溶性に分類されています。ビタミンはそれぞれが連携して働いているので、バランスよく同時に摂取することが大切です。

サプリメントの効果

美肌や目の健康に欠かせないビタミンAは、野菜などではなく、うなぎやレバーなどの動物性の食べ物に多く含まれています。

 

ビタミンB群のひとつであるビタミンB1は、不足すると脚気という欠乏症を引き起こします。サプリメントなどで十分な摂取を心がけましょう。

 

脂質をエネルギーとして使用するために分解してくれるビタミンB2は、ダイエットや美容には欠かせない栄養素です。

 

ナイアシン

うつや統合失調症に効能があるナイアシンは、二日酔いなどにも良いとされています。B群全体をサプリメントなどで摂取しましょう。

パントテン酸

肌とのかかわりが深いパントテン酸は、ニキビだけでなくアトピーなどにも効果的だといわれています。またストレスの緩和をすることでも有名です。

ビタミンB6

つわりや妊娠中毒症を改善するビタミンB6は、美肌や美容にも効果があります。不足すると貧血や免疫力低下などの欠乏症を招きます。

ビタミンB12

ビタミンB12は、悪性貧血を改善する薬としても使用されています。葉酸とも関係が深く、妊娠中には欠かせないサプリメントです。

ビオチン

お肌に密接な関係のある栄養素で、アトピーの改善や疲労回復に効果を発揮します。

葉酸

赤ちゃんの健全な成長に欠かせない葉酸は、厚生労働省も妊娠中はサプリメントで摂取するように勧めています。

コラーゲンを生成するのに必要なビタミンCは、美肌や美白に欠かせません。化粧水にも誘導体として配合されており、サプリメントも人気です。

 

カルシウムの吸収を助けるビタミンDは、骨粗鬆症に効能がありますが、過剰摂取による副作用には十分に注意が必要です。

 

不妊を改善することで有名なビタミンEは、抗酸化作用により若さを保つ効果もあります。

 

ビタミンK

血の凝結を助けるビタミンKは、赤ら顔の改善も発揮するので、クリームなども販売されています。また、骨粗鬆症の改善などにも有効です。

サプリメントの基礎知識

   

コメントを残す

*