医薬品とサプリメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医薬品(医療に使われている薬剤)の効果は効能は臨床されており、高い次元で薬効を発揮します。しかしその反面で副作用も持っているのです。 サプリメントは一般的に健康補助食品といわれ、主に食事からの摂取で不足した栄養素を、補助的に摂取できる食品です。
医薬品もサプリメントも人体に良い影響を与えるも

のですが、使い方や飲み方によっては副作用を引き起こしてしまいます。特に医薬品は効果も高い反面で副作用も重大なものが多いので十分に注意が必要といえます。

 

医薬品との代表的な組み合わせ

・ビタミンC 
炭酸脱水酵素抑制剤は、ビタミンCと併用する事で尿路結石を引き起こす場合があります。鉄排泄剤との併用も注意が必要です。

・ビタミンE 
血流を改善する効果があるビタミンEは、血栓防止薬や抗凝固剤などと同時に摂取すると、出血傾向が高まる恐れがあります。

・ビタミンA 
抗がん剤や、角化治療剤などのビタミンAと同じような作用を持っている医薬品は、過剰症を引き起こす可能性があるので使用しないください。また、抗生物質や、抗凝固剤なども注意が必要です。

・葉酸 
抗てんかん薬との併用仕様は、お互いの役割を低下させ手しまう可能性があるので注意が必要です。

・ビタミンB6 
パーキンソン治療薬で使用されるレボドパは、ビタミンB6の大量摂取により、効果が減少するので注意してください。

・ビタミンD 
強心剤との併用は、不整脈の原因となる可能性があります。慢性腎不全や骨粗鬆症の治療薬として使用されるアルファカルシドールなどは、高カルシウム血症の原因となる恐れがあります。

・ビタミンK 
抗凝固剤で使用されているワルファリンの効果を弱める可能性があります。

・カルシウム 
骨粗鬆症治療薬は、カルシウムにより吸収を抑制されてしまうため、注意してください。また、抗生物質も吸収を阻害しますので注意してください。 逆に、活性型ビタミンD3製剤は、カルシウムの吸収を高めるため、高カルシウム血症などの原因となる場合もありますので注意してください。

・鉄分 
甲状腺ホルモン剤や抗生物質、抗菌剤などは、鉄分と結合し、吸収が阻害されます。

・イチョウ葉エキス 
抗凝固剤と併用すると、イチョウ葉エキスの血流改善効果により、出血傾向を高めてしまう可能性があります。

※上記以外にも多くの飲み合わせが存在します。個人での判断は控えて、かかりつけのお医者さんがいる場合は必ず相談してください。

サプリメントの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*