太ももを引き締める為の効果的なエクササイズ

夕方になるとむくみで靴がきつい、
足の疲れがひどくて寝れない…そんな悩みを解消するために、
毎日一生懸命マッサージをしている方もいるはず。
でも、思ったより効果が出ないなんてことはありませんか?
せっかく身体に手をかけるなら、効果の高いやり方を身につけましょう。

1.体を温めてから行う

体が芯から温まっているときが絶好のチャンス!

入浴中や入浴後など、体が温まってリラックス状態にあるときに行いましょう。
冷えて固まったところを無理やりほぐすと体が緊張してしまい、逆効果です。
シャワーで表面だけ温めた状態も避けましょう。水分が蒸発するのと同時に体の熱を奪ってしまうため、入浴を心がけてください。
また、マッサージをしている間にどんどん体が冷えてしまうと思いますので、
上半身は温かいものを羽織ったり、部屋の温度を上げたりして注意しましょう。

2.優しく行う

強くて痛いほうが効きそう!は間違い。

むくみケアは優しいマッサージが鉄則!
むくみは、余分な体液が間質液となって排出されずに溜まっていることによっておこります。この余分な間質液は、リンパ管に入るとリンパ液となって、鎖骨のくぼみのところで静脈に合流します。マッサージはこの働きを助けるためのものです。
リンパ液はなでるだけでも流れてくれるものです。強く圧迫すると逆効果で詰まってしまいます。下から上に持ち上げるように優しく流しましょう。

3.足裏から脚のつけねまでほぐす

ふくらはぎがパンパン!だからってそこばかりほぐさないで。

多くの方にとって、特にむくみを感じやすいのはふくらはぎだと思いますが、
そこを解消したいなら、足の裏からケアしましょう。
足裏は手をグーにして間接を使って流すほか、親指の踵から指の根元までゆっくり押して流します。余裕がある人は爪の横をギュッとはさんだり、指の付け根を押して末端から刺激してあげましょう。
膝裏、足の付け根のソケイ部も、特にリンパがつまりやすいところです。
強く押す必要はないので、優しくほぐしましょう。

4.さらに余裕があれば、鎖骨も一緒に

リンパは最後に鎖骨に戻る!

体中から集まったリンパ液は、最終的に鎖骨下のくぼみのところで静脈に合流します。余裕がある人は、足だけでなく鎖骨下も流してあげるとさらに効果的です。鎖骨から脇の腋下リンパ節にむかって軽く押すと痛いと感じる方もいるのでは?老廃物がたまっていると痛く感じるので要注意です。
足をマッサージする余裕がない日も、終着点の鎖骨を流せば全身のリンパの流れがよくなります。

5.面で流す

指や手は広く使って!

マッサージをするとき、親指に力を入れてあざになったことがある人は注意。
指の腹を使って接触面を増やすことで、力のかかりすぎを防ぎます。ふくらはぎを持ち上げるように流すときは、手のひら全体がしっかりつくようにして、特に手根を用います。追いかけっこをするようになめらかに動かしてあげてください。

 

足痩せサプリなら下半身太りも即解消できる

太い足を細くスラっとさせたいと考えている方は非常に多いです。
そんな方達に向けて開発がされているのが、足痩せサプリというものです。
足痩せサプリは、足のむくみを綺麗に解消させることができるサプリメントのこと。
身体に悪い影響も出ないので、安心して使用をすることができるでしょう。
足痩せサプリは、「ダイエットサプリメント」としての使用をすることも可能。
ですので、無理なダイエットをしなくても効果的に、しかも短期間で綺麗な足を手に入れることができるのです。
男性の中には一度足痩せサプリを使用してみたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、基本的にこのサプリメントは足痩せをしたいと考えている女性のために開発がされているようです。
ですので、下半身太りに困っていたり悩んでいる女性達は一度試してみてはいかがでしょうか?
モデルのようなスラっとした細長い足をサプリメントで簡単に実現することができるからです。
意外と足痩せというものは、ダイエットだけでできるものではありません。
全体的なスタイルバランスが悪くなってしまうと、それは「ダイエットに成功した」とは言えないのです。
しかし、下半身太りだけであれば足痩せサプリを使用するだけで、そこに集中して効果を引き出すことができるでしょう。

他の足痩せコラムもご覧下さい

   

コメントを残す

*